« 図工室 | トップページ | 横瀬さん無事終了 »

2008年8月31日 (日)

生き甲斐

4084
形が生まれてくると形を描いてみるこのことを何年もしてきました。人に解ってもらうことが前提なのか?解らないでも良いのか?その都度考えても出て来てしまう物はどうしようもないです。これは立体の手前です。ぼやーーとこれに近いイメージが湧くと描いてみます。イメージを繰り返し一年位頭の中で繰り返す時もあります。また湧いては消え湧いては消さずとっておきます。頭はいつもそれを繰り返しています。だから辛いことも悔しいことも耐えてきたのかなーーなんて思っています。先日銀座で黒川記章さんんの建物の2階に喫茶店があって好きなことは生き甲斐ではないか?神のいない科学万能の時代に我々の救いは神ではなく生き甲斐なのではないか?と喫茶店の若いかたと話をしたことを思います。
Dsc_0108

|

« 図工室 | トップページ | 横瀬さん無事終了 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き甲斐:

« 図工室 | トップページ | 横瀬さん無事終了 »