« 朝顔がなんで美術理論になるの? | トップページ | 石山修治と毛綱毅曠 »

2008年9月 6日 (土)

アナログ写真はアートとして生きるべきだ。

芸術とは音楽とは絵画とはそこが問題だ( ´艸`)プププ

2008081810400000
この前銀座で展示したとき銀座の古い建物がありそこの階段の写真です。昔石内都さんがこんな写真を撮ってその写真が古い建物の丸撮りなんです。この写真で石内さんの存在を知りました。先日原爆で亡くなったかたの衣服を細かく撮った写真を目にして石内さんの存在を再確認しました。ちなみにニコンEMをお使いでした。写真はアートになったと思います。それは過去の絵画の革命いわゆる写真が出来たことで絵画の意味がなくなった時絵画はいかに生きるべきか?そこで写真はデジタルからアナログに変化した時アナログはアートになったと思っています。アナログ写真はアートとして生きるべきではないか?と思うんですが>>>?先日ニュウヨークでジュエリーデザイナーとして成功した方と谷中でお会いして彼はそんなことを言っておられました。僕もそれを痛感しましたね。

|

« 朝顔がなんで美術理論になるの? | トップページ | 石山修治と毛綱毅曠 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ写真はアートとして生きるべきだ。:

« 朝顔がなんで美術理論になるの? | トップページ | 石山修治と毛綱毅曠 »