« アナログ写真はアートとして生きるべきだ。 | トップページ | 横浜の芸術の高さを感じました。 »

2008年9月 7日 (日)

石山修治と毛綱毅曠

毛綱毅曠毛綱毅曠前回この得体のしれない建築家を僕のブログで検索したかたがいたらしいのですが、字はこう書きます。ホームページがあったので見てください。もずなきこうと読みます。石山修治展で石山先生のお弟子さんから彼ともずなきこうさんはよく会っているとのことやはり同じ仲間なのかなーーーなんて思いました。北海道は別として石川のこの建築は赤帽で行けそうかな?などとおもいました。

|

« アナログ写真はアートとして生きるべきだ。 | トップページ | 横浜の芸術の高さを感じました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石山修治と毛綱毅曠:

« アナログ写真はアートとして生きるべきだ。 | トップページ | 横浜の芸術の高さを感じました。 »