« やっぱ芸術家撮れない写真で後悔先に立たず。 | トップページ | 歩いて撮る »

2008年10月 3日 (金)

写真と絵の境界線

ニコマートで撮った写真です。色がデジタルでは出ない色を感じますが僕だけでしょうか?埼玉の畑に咲いていたんですが沢山ではなかったです。でも昨年撮った花ですね前回は白黒でマミヤRB67で撮影した作品ですが白黒なので作品って感じします。写真が記録や思い出なのか?それともアートなのかその境界線は難しいです。絵はあきらかに芸術性を感じますが写真は作品なのか作品であるならアートのように価値がでるのか?そこに絵と写真の違いがでてきますね?ニコマートで撮ったりブロニカで撮ったりしながらデジタルにない写真のアートを感じるのは僕だけなのでしょうか?何か絵と写真を行ったり来たりしているような気がします。20代の頃はリアルに描けないデッサン力がないことに辛さを感じましたが今はその悩みよりアートと写真の境界線で悩んでいます。
094

|

« やっぱ芸術家撮れない写真で後悔先に立たず。 | トップページ | 歩いて撮る »

文化・芸術」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真と絵の境界線:

« やっぱ芸術家撮れない写真で後悔先に立たず。 | トップページ | 歩いて撮る »