« 花を撮る | トップページ | 思い出のメロディー »

2008年10月15日 (水)

写す絵も想像の賜物である。

埼玉県杉戸町で倉をスケッチしている人にあった。近くに言って話始めた。春日部だと言う小川荒野さんと言う画家の話になった。僕は絵描きで画家では無いと言う。どこかで聴いた話だ。自分が言っていることだった。絵じゃ食えないから画家ではない絵描きだでも趣味でもいい。写すだけだ。静かに語った。絵は想像力の世界です。想像なくして絵は語れない、でも彼は写すことが想像ではないと思っていたらしい?とんでもないあなたの頭に映像が入ってそしてあなたの頭で想像し形が生まれて行くのだ。絵とは限りなく想像なのだ。その世界中の人々が想像と言う力で作った絵の鑑賞の旅にでてしまった人が金沢21世紀美術館を企画した人らしい。絵を描くことは限りない想像の世界なのではないか?

|

« 花を撮る | トップページ | 思い出のメロディー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

My brother suggested I might like this web site. He was entirely right. This post truly made my day. You can not imagine just how much time I had spent for this info! Thanks!

投稿: Avery | 2014年2月23日 (日) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写す絵も想像の賜物である。:

« 花を撮る | トップページ | 思い出のメロディー »