« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

地球は青かった。

窓を見たら雪でも積もるかと思えば積もらずでも寒さに慣れていないのか寒い昔はもっと寒かったはず、、、
子供の頃は雪が沢山降って雪車を作ったくらいだ。年々暖かくなるがこのまま地球は暖かくなるのではなくこれから寒くなると思っているのは僕だけかナーーー何て思っている。むしろここ2.3年で暖かいピークを迎えこれから長い氷河期に向かうと僕は思う?その根拠はとすぐ聴かれる?と僕はわからない感???って答えるとぽかーーーんとした顔をする。地球って僕は冷える惑星と思っている。それは青いから。青くなければきっとどんどん暖かくなると思うが青い故に寒くなるこれは絵描きと理科系の僕のおかしな学説だね(*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

また野球のスケッチを入れる

野球のスケッチの検索が多くて今度の版画も野球の人物を入れて行くことにした。またサッカーも入れようと思っている。
0baseball3c127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

薔薇のスケッチ

浦和で昔鉄琴をしている人のお母さんがいてそのお母さんが浦和の仲町で喫茶店をしていた。
ここの喫茶店は小さなスペースでなかなか僕には満足いく作品が飾れた。今は経営者が変わり彼女もうどこか解らなくなってしまった。この鉄琴が好きな若者に会いそこで芸大の話しをした。もちろん音楽なのだが、ピアノが出来ないと受からないという。でも芸大の話で鉄琴のことはあまり話してくれない。芸大なの?鉄琴なのか?どちらが本当なのか?よくわからない。芸大出れば絵でめしが食える絵や音楽で生活出来る。この定説はいつも崩れていく。
なんか?幻を追いかけているような気がした。
銀座でビトンの入り口に薔薇の絵があり写真をおさめた。芸大の人の絵なのか?そうは人は思わないでもそうかも
しれないそこを問うたところでおれには関係ねーー?そんな気持ちが一般の人々でありその気持ちよりやはりこの薔薇は良いと思った。こんな薔薇が描けたらとふと思った大事な心はここにある気がするのだがいかがな物だろうか?そうまた思い昨日グループ個展を終わった。
090222_14050001

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

昨日は横須賀に行って来た。

昨日は横須賀に行って来た。11月に行ってまた行って来た。ブログの写真がチャンスがなく今回も撮れなくて残念だった。この前は観音崎の近くの漁港で一晩明かし学生のころ海の側に住んでいた頃を思い出した。今回は横須賀の公園で一休みしたら暗くなってしまい帰ることとなってしまった。
横須賀はあの写真家の石内さんの写真集の舞台のなった所でドブ板通りも今はきれいな商店街のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

ギャラリー。イズさんでの他の方の展示です

ギャラリー。イズさんでの他の方の展示です。写真が多いですが、3ヶ月に一回くらいのペースで展示しています、毎回知らない人とする変わったグループ展です。いつもスタッフの写真があります。多い時には10人の人が参加してその時はご遠慮したいですが主催者のラコさんは是非と言いますが、なにはともあれ今回も展示にありつけました。
<開催日> 2009年2月17日(火)〜22日(日)の6日間
<時間> 11時〜19時(最終日14時終了) 
<場所> 銀座 GALLERY IZU
http://gallery.izu.nu/index.html
東京都中央区銀座1−5−4 伊豆ビル2F
090218_13070002090218_13070003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

イズ画廊でグループ展開催

今日から銀座のイズ画廊でグループ展を開催して飾り付けに行ってきた。今日は寒くて朝白岡から東京に行くのに辛かった。東北では雪みたいだ。 日程は下記の内容です。
<開催日> 2009年2月17日(火)〜22日(日)の6日間
<時間> 11時〜19時(最終日14時終了) 
<場所> 銀座 GALLERY IZU
http://gallery.izu.nu/index.html
東京都中央区銀座1−5−4 伊豆ビル2F
090217_13570001090217_13560001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

今時の進んでる若者と出会った。

古河市と境町の辺に日曜しか空いていないジャズ喫茶がある今日は久しぶりに行ってきた。マスターは僕のことはお忘れでがっかりだった大きなJBLがありアーキューフェーズとかマッキントシュなどのアンプがあり楽しい。そこで23歳の若者がいてずーーと話しをしてしまったまたブログの写真を撮ろうと思ったがこの若者との時間で暗くなってしまった。今は仕事が無く仕事探しみたいだ。意外にジャズが好きで結構アンプとかスピーカーに詳しいちょっと変わった若者で僕の若い頃を思い出しおしゃべりしてしまった。彼はあまりにも沢山のメディアがあり詰まらないと言うこのオーディオは古い世界だが深いその深さが彼は好きみたいだ。楽しむ物がなかった僕の頃とは違うと思った。お金があれば何でも楽しめる今の世界とは違うことがあの若者には新鮮なんだなーと改めて思った。
女にはわからないカメラや車オーディオなんかはおもちゃだろうと思う。でもこの世界は女がいないもてない僕らおじさんには幸せを感じてしまう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ほんとに女性運は悪いと思う。バレンタインが騒がれるといつも思う。

ほんとに女性運は悪いと思う。バレンタインが騒がれるといつも思う。あんなもの来ない方が良いといつも思う。黙っていても年はとるが若い頃はデブで年をとっていくらか痩せたが糖尿になりおじさんでいつのまにか一人である。
寂しいでしょう。と言われるが毎日が忙しいお金がたくさんある訳でもなくでも最近思うのだが自分は乱暴だなと思う。妻は亡くなってもうそろそろ10年になる。絵を描き毎日働いてきたらあっというまだった。ただ無性に若いのがいちゃいちゃしているのを見たり家族でいるのを見たりすると目を背けてしまう。だからといってあの集団に入ろうとは思わない。この現実とのギャップをいつも感じる。若い頃は持てないデブだが今はひねくれた親父なのだろう。
結局人に当るのではなく自分で冷静に生きて行くことそして絵を描いたりして好きなことをして行くことそれが許されている自分を見てしまう。結局自分は10代のあのころと変わらないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坊さんみたいな人がお店の主人の珈琲豆やさん

ブログを書いていて妙に検索する人が多いのかその検索された部分をクリックするとなかなか面白いそんな中でパットメセニーのことを書いたことがありレコードも紹介したことがあってまたあの栃木県の小山に珈琲の豆屋さんがあることがわかり赤帽の車で行ってみた。坊さんみたいな人がお店の主人で小山からかなり離れていてだんだん物寂しくなり道中は不安に陥ったこのお店小さな物置みたいなスペースでコーヒー豆だけを販売しているほとんどはネット販売だが部屋はきれいにしていて豆を買わないのにコーヒーをご馳走してくれるのでペーパーを買った。この日は赤帽のビラ配りをしながら帰った。
栃木県小山市卒島824
コーヒー公房ほろにが
090213_16570001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

岡さんのカリグラフィー

赤帽で絵を運ぶ仕事があって岡さんって言う方の絵を運んだこの絵はカリグラフィーと呼ばれ書が絵のようになった形で墨絵のような表現だけれど水墨画ではない抽象画と言ったほうが良いのかもしれない、フランスとか海外に出品しているみたいで書のような抽象のような世界で楽しい。代々木のSPACE ZEROで行われた。090128_15440001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

僕と油彩

自分で絵を描こうと思ったのは小学生のころでアパートの5階の屋上に登り貯水塔の上から周りの風景を一枚のスケッチブックに描いてみたことからだ、そこから自分で描きたいと思った。でもあまりにも高いところで落ちたら危険なので僕の行為は危険行為でやめなさいとよく注意された今だとそうとうな危険行為だと思う、内心怖かったがいまでもその怖さが蘇るそれが僕の最初の絵を描く出発点だと思う、この頃は静岡市に引っ越したばかりで慣れていなかったのか孤独だった。静岡の子供達と東京の子の体力の差にも驚いていたし何か孤独だった。心の中で油彩画を描きたいと思ったのはもう6年生のころだった。静岡の松坂屋で父に油彩画を見せてもらった頃からだ思う。中学の時すかさず美術部に入り油絵を描き始めた。そこで50号までチャレンジした。油彩はまた描きたいと思う時があるが長い版画の中でもう20年位は描いていないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

絵が個性の証であること

 誰しも人であれば絵は描ける猿も近いものを描くらしいが?一人一人が指紋が違うように絵も同じ物を写生してもみんな違ってくる。個性はそこに存在する。個性がないことはあり得ないここに芸術の基本的理念があると思う。個性を卓越する。って言葉があるがそれは個性をより伸ばすことそこに絵がその人個人の物から訓練によって卓越した技術を習得してさらに個性が磨かれ誰にも出来ないような個が生まれるここに藝が生まれる。個性とは個性が基本であり基本からよりすばらしい物が生まれる訳である。
個性を伸ばすことはこの卓越した技術と基本の個性が相まってこそ新しい何かが生まれる。ここに教育の大事な部分があると思う。
個性は技術とも関係し考え方や思考の方法を伸ばすためには必要である。その人個人の考え方思考の方法手段は皆違うそのやり方を大事に尊重しない限り技術は進歩しないだろう僕の周りにはそんな個性を思いながら日々の生活を考えている人はまずいない。でも個性って何か解らないまま今も時が過ぎて行くことに個人主義と言われる日本にいったい何が解っているのかと思う。何かただのわがままに思えてしかたがない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

絵は個性の証だ

引っ越しの好きな人は好いがいつも引っ越しの仕事をして自分で引っ越し作業をしても引っ越すのはあまり好きではない引っ越しが好きな人もいるみたいだがいったい。。。。?と思ってしまう。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
個性は絵の一番大切な部分だと思う想像力も大切だがもう人が絵画の中で表現したことは無いくらい表現を開拓してしまった。だから絵の道とは個の表現に行き詰まることだと思う。
個性のない人が多く個性を育てようと教育者は言うが今は不景気だけが話題で何もあとは考えなくなってしまっただから犯罪が多発していく。行き詰まる世の中のように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gwooさんのパスタ

090207_18570001熟成ベーコンのペペロンチーノ880円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ブログ再会o(*^▽^*)o

引っ越しして光回線にしたので設定は自分で設定するのでブログ遅れてしまいました。
光はやはり速いですね、今日無事開通してまたブログ三昧です。(*゚▽゚)ノヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »