« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

高木麻由美展

Dsc_0276


Dsc_0275

寺田さんに紹介されて高木さんの展示の絵を静岡から運ぶことに
なりました。

それがこの人市内の僕が青春時代を送った
静岡市安東の近くで懐かしいのなんの
市内を回り楽しかったです。

忙しくゆっくりは出来ませんでしたが
とても良い機会をえました。

彼女はとても良いアトリエを持ち作品は抽象です。

バーバラヘップワースを彷彿とさせる
円を使い良く見て行くと

宇宙や天文学に通じる所が面白い所です。

2010年9月18日から25日まで

東京都北区昭和町1-9-16
北井画廊
にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

宝塚造形大学の文化祭で展示してきました (5)

Dsc_0271_2
Dsc_0272
.Dsc_0273
Dsc_0274

最初はなかなか声が出て来なかったけど
だんだん歌いだすと

周りに慣れてきたのか
体に似合わない
低い声で歌いだした。

バックのバンドもなかなかで
80年代のバンドブームにいた
女性ボーカルで低い声の人に似ている。

すかさずテントからステージが近いので
写真を撮ったらあっという間に連写で30枚位
撮影してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

宝塚造形大学の文化祭で展示してきました (4)

004

最初は体育館でしたが大学の人が外でと言うことで2日目には
いつもの野外へ出ました。

僕としては家の中が良いのですが

ティシャツを出してなかなか好評でした

周りが食べ物やで少しがっかりですが
体育館の知り合いの学生がきてくれたので少し
安心でしたね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

宝塚造形大学の文化祭で展示してきました (3)

01
03

今年は一般の人が少なく
寂しい思いをしましたが

学生さんの作品を見ることが出来やはり
交流が出来て面白かったです。

つい昨年と較べてしまうのですが
昨年はかなり過激でしたが
今年はそうでもなく

美術中心でよかったですが
もっと学生さんの作品を見たかったですね

来年も行ければいいなーーと思いつつ
呼んでくれないかなーーー

とまた心配や不安が残ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

宝塚造形大学の文化祭で展示してきました (2)

宝塚造形大学の文化祭で展示してきました

いろいろなことがありましたが
宝塚に4日間もいて
関西弁が写ってしまいそうでした。

やはり関東と較べてしまうのですが
同じ日本でも文化が違うことに
興味が湧きました。

女性の学生が多いので
なかにはかわいい子がいて
やはりおじさんでかわいいね^^^
と言うと

男の子がナンパしてるのかい
といわれ
なんかここでは禁止なのだそうですが
かわいいと言うことがどこがナンパなのか
解らず

詰まらなかったですね
女性はかわいいと言われることが
うれしいし

褒め言葉なんですが?
そこのところに
少し疑問を得て帰ってきました。

男と女こそ解り合えない
からこそ解り会おうとすることが大切ではないか?
と思えて仕方が無いです。
また書きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

宝塚行って来ました。

帰ってきたらやたら仕事で
飽きれました。

また書けたら
宝塚のこと書きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

原っパークでただ一人

先月近くの宮代町にある公園でただ一人
お店を開いた。

絵を何枚か置き。

あの岩手碁石海岸であった
画家と同じ心境にたち

考えてみた、


0halapaku_jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

ビートルズ

ジョンレノン博物館が閉館になることでよく行くレノンさんと言うカフェで怒りを話した。

中学の頃学校に行かず一人部屋にこもりラジオから聞こえてきたエフエムはビートルズだった。

しかしその熱烈な音楽とは決別し聞いていたのがマイクオールドフィールドだった。

でもロックはもう過去の物となり年は過ぎた。

しかし僕にとってのビートルズは存在し小野ヨウコはいてそしてレノンもいる。
ビートルズがいたからプログレがありイギリスが好きになってしまう。

そんな純粋な気持ちを閉館と言う簡単なことで終わることが悲しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

ビートルズ理想主義の結末

ジョンレノンのミュージアムが今月で無くなる。

そこで最後なので見に行って来た。

悔しかったそれといたためれない
くやしさが心からこみ上げてきた。

経済が悪いから経営が出来ないからとか
作った理由は金が余ったから
10年位前に作ったとか

酷い理由で作ったらしい
それにとばっちりを受けた大宮は迷惑。

ジョンレノンって平和だ労働者の味方だとか
言ってはいるが
全く周りはそうでなく動いてきたことに
かっこいい絵空事のように思えてしかたがない

同じイギリスのマイクオールドフィールドは
かっこいいことは言わないし
音楽だって人々には多くは浸透はしていないが
誠に音楽を愛し探求している

平和だとか愛だととかをかっこ良く唱えるより
真の音楽とは何かを貫くことこそ
皆が等しく音楽に対して通じ合えると思う。

通じ合えた時こそ
資本家も労働者もないのだから

ビートルズは60年代の安保のただ騒いだ
結果の無い思想と同じ路線を走ったことに
今悲しい現実を見る。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

三鷹で太宰を語る

なんか難しい屋号の古本屋があって入ると
太宰だらけ

大宮の新道山屋の話しをして
ながらくおしゃべり

新道山屋で自殺を考えたことを言うと
知らなかったみたいだ。

2,3時間いたが
路上駐車で捕まることも無く
太宰が助けてくれたのかな
とオーナーとおしゃべりしながら

母校明星の話などをして
埼玉に戻った。
www.shindoyamaya.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

8月は全く書かずに終わった。ふと。くつわださんを思った

しかるに暑くて殆ど仕事と疲労でブログまで
行かなかった。

名古屋にまた行き
広島に行き

息絶えた。
 
ふと今日くつわださんのことを
思い出し

書きたくなった。

ブログは音楽の公開が難しく
あのなんとか協会がうるさいのか
音楽って厳しい
絵は厳しく無さ過ぎて
だからぼくみたいな人がでてくるのかなーー
なんて思う。

くつわださんはジョニーの照井さんに紹介された人である。
早稲田大学を卒業してフォーク歌手をしていた、
その歌が凄いそしてこころにささる。

詩人の鈴木さんとくつわださんと3人で会い
意気投合新宿のゴールデン街で飲んだことを覚えている。
僕は飲んではいないが

その優しい笑いが懐かしい
というのは
彼は交通事故で亡くなったのだ。
今年の正月に盛岡で照井さんに聴き
ショックだった。

もう会えないのだ
高頭さんに続くくつわださん
その歌声を聞くと暗くそして
心に突き刺さりそして優しく微笑んでくれる、
01004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »