« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

川越の駄菓子屋、

今日久しぶりに川越に行った。

電信柱がなくなってすっかり観光地だ。
あの大人には売らねえ
と言った婆さんの駄菓子屋は健在だったが旧い
江戸時代からありそうな民家は今にも倒れそうで
車からみんな眺めている
ここは観光地からも離れているので
相手にもされない感じだ、

お婆さんは元気だろうか?
自分の健康が大事なのにもうすぐあの世かもしれない人を
心配するのが僕らしい?

と言われたことがある。

車から小さなミニカーが見えて良いなあとまた思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

絵の行方

20世紀絵画はピカソらによって革命をもたらしたと
されている。

しかしこの革命はあくまでも資本家や金持ちとは無縁の革命で
あって

単に写真や映画と言った。
新しい表現方法が出て来たために
おこらえざるおえない手段だったことではないか?

と思えてしかたがない、
もし王様が資本家と変わり絵が資本家の物に
なったとしたら

また同じ繰り返しをしてしまうように思えて来る。

絵は誰の物でもないしみんなが見て楽しむものであり
高価な代物ではないと思える。

難しいところだがみんなが共有する為にはどうしたら
良いか?

そこが大切ではないだろうか?
しかし
大量に生産することでもないし?
数量が少なければ高くなってしまうし?
需要と供給のバランスでは計りきれない
代物なのだから?

だからと言って誰も来ない日本の美術館のような
所で骨董品曲がりの絵を見せていることも
遺憾だがそれがあるだけでも僕にとっては
ありがたいことなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

昨日は久しぶりに杉戸町のアグリパークでフリマをした。

昨日は久しぶりに杉戸町のアグリパークでフリマをした。
寒いのでお客さんはあまり来ないし最高に楽しいとは言えない感じだった。

以前に川越が観光地にならないころ
川越に駄菓子屋さんがあって
この駄菓子屋さん今でもある?

行った時には老人が出て来て
今時めずらしいですね
当時ああいう物ははやらず
昔懐かしい駄菓子なんか相手にもされなかった。

いくらですか?と聞くと
あんた見たいな大人には売らない
と一言オバーさんが言った。

昨日少しずつ貯めた食玩を箱ごと20個位で200円で
買い取られいきなり来てやられた

少しずつ見て楽しんでもらいたいから
と思ったのに辛かった。

安く売ることは高いものばかりだから
少しずつでも良いから
安くして楽しんでもらいたいと言う
気持ちでいるのにがっかりした。

絵も沢山買って行くのではなく
少しだけ買ってもらって楽しんで欲しい
そんな気持ちでいる。

絵は万人に楽しんでもらうための物ではないし
万人が解っても長い間親しんでもらうのは天才だけだ
自分は天才ではないでも絵を描くことが好きだ
だからこそ
周りのごく一部の人々が解ってもらっていれば良い
もしくは自分だけで持っていれば良いと思うが
不可能なのだと思う。

絵を描いて生きていくなんて
こんなことを考えているようでは
無理なのかなと思う。

と思いながらもどうにかならないかと
頭の中はどうどう巡りを繰り返す。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

レノンさん行ったらびっくり

01

02


03


浦和のビートルズのお店のレノンさんに行ったら
レノンさんの所にあのJBL
が出現

何時買ったのか解らず?

でもビートルズの曲が今までと違い良い音になっていた。
機種は4305H Compact Monitorで高域が奇麗なJBLだった。
でも誰でもJBLではなく良い音をだすスピーカーは沢山ある。

腐ってもベンツではなくミーハーベンツでもないJBL
になって欲しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

名古屋の力

名古屋の市長はまた河原さんになったみたいだ。
政治のことはよくわからないが。(^-^;

名古屋の喫茶店は数が多い。
朝早くからモーニングを出し
珈琲一杯の値段で珈琲が付いて
出してくれる。
 それもそうだが
朝早くからお客さんがやって来る。
トヨタも未だ世界をリードする力は
この名古屋独特の社会が存在することなのかな?
と感じる

僕は
大の珈琲通だが
学生時代に名古屋まで喫茶店歩きをしに
親友と行ったことがある程だ。

何故多いのではなく
ああやって集まってはおしゃべりをする
人達だから自然と喫茶店が出来たのである。

たとえSNSがこの世を支配しても
喫茶店は存在して行くのではないかと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

人が先の社会へ

無縁社会をNHKでテーマとして
放送していた。

なかにフィンランドの人がいて

日本の人は仕事仕事しか言わないが
友達とかそういうことは
言わないのですか?

と言っていた

いつもそう言うことを口にしているのは自分だから
とてもうれしかったが

とうの日本人はさっぱり理解が出来ていないようだ

そういう僕も日本人なのだが?
絵を描くことは仕事の前に人と人のコミュニケーション
のためにしているような気がする
そこに喜びがありむしろその為に切磋琢磨して絵を描くのではないか?

と思えて仕方がない。

僕なんかもう20年は一人で仕事をして来た。
今仕事とは友達作りで全てはまずそこからではないか
どんなことも話せる場を作ること探すこと
でもそれには何かの共通点がないと
コミュニケーションはなりたたない
それが絵であり仕事であり
そこから生きることが生まれてくるように
思えて仕方がない

愚かな人は友に助け合いながら生きることその為に
神は言葉を与えてくれたように思える
何が先か?

仕事が先ではなく人が先なのだが?
どうして解らないのか?

不思議だった。
同じ日本人とは思えなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

久喜工業団地でカモがデート

02


久喜の工業団地の池を歩くのも日課になった。
糖尿病との戦いは一生続くから
日々の努力しかない。

新しい携帯がスマートフォンでカメラが付いて
いるが。かなり奇麗に撮れる

ズーム機能もあり
ズームで撮影

カモのデートが撮影出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

秋葉原の帰りについ道草をしてしまった。

秋葉原の帰りについ千代田区で出来た新しいアートフォーラムについ
道草してしまった。

ここはこの前参加した八潮の小学校の跡地を
文化施設にするのと同じ試みで小学校の跡地にこのアートフォーラムがある。
3331アート千代田
東京都千代田区神田外神田6-11-14
3331 arts chiyoda

精神に障害を持った人達の絵の展示があり面白かった。
技術的な物がなくてもお金がなくても
その想像力は素晴らしいと思った。

しかしたまたま隣のブースで発表していた。
人は父が陶芸家で美大を出て高い材料を使い
高価な値段をつけ展示していた。

話しはそんなことだけで生き苦しい思いを
した。

良いか悪いかは解らないけど
悲しかった。

せっかく気持ちが良かったのに
不快な気持ちで埼玉に帰った
今度は本当に帰った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

横浜関内までかくかく展の絵を運ぶ。

0tukutuku1


0tukutuku2


0tukutuku4


0tukutulku3


0tukutuku5_2

横浜関内までまた絵を運んだ。
これで4回位になるけど
人数は減ってしまい3人になってしまった。
残念だが
今回も仕事を頼んで頂き感謝です。
この中で工藤さんと言う可愛い女性がいて素敵な抽象画を描いている人がいる。
美人だからかな♪

作品は抽象画でも独特で
包み込まれる感じで面白い。

工藤絵里 前納敏之 吉成浩昭

231-0041
横浜市中区吉田町4-1
ギャラリーミロ

2011,1/31から2/6で終了

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

秋葉原に久しぶりに来た

次々と立つビル沢山の人昔の新宿駅のようだ。
茨城とのアクセスとかも良いがわがさいたまにも良い 。

新しいG5を購入。

U and JMacさんで購入。また色々解らないことが分かり満足だ
五州貿易さんは土曜日が休みでがっかり。
色々歩き
管球アンプのことを聴いたりしながら帰った。

0akiba_1


0akiba_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

こみゅにてぃープラザ八潮開館イベント参加して来ました

午後は雪が降り寒い中沢山の人が来てくれました。

なんか埼玉なのに良いのかナーー
なんて思いながら

品川の偉い人が来たりで
金のバッジをつけた
女性が僕の好きなフエルトの背広を着て来たのは
びっくりしました。

隣の女性がまたユニークで印象に残りました。

01_2


02


03


04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »