« つくつく展に参加 | トップページ | 渋谷でアナログレコード屋さんを発見 »

2011年3月 7日 (月)

昨日は久しぶりに千葉の川村記念美術館に行って来た

上村松園を展示していて見ていたが
見ていた中年のおじさんに

他の展示の中で現代美術のステラについて少し説明
してあげたらなんか関心していたようで
あまりまたおしゃべりすると
美術館の人に言われるのでそこで
退散した。

するとまた現れて
美術のことを聞き始めたが
子供のように簡単なことを聞き始めたが
簡単なこと程答えるのに難しいことはない。

しまいには今日本は困っているからどうしたら
良いか?と聞かれた?

また絵のことで権威だとか?
金だとか?

言い始め
本当に日本人は金とか組織が好きで
そう言う物と絵が同じだと言い始める
絵はそう言う物ではない
何も無い所から始まりそして作り上げて行く物だから
常に白い紙の世界へと戻るだからこそ
固定概念など存在しない
この固定概念がさらに解らなくしたのか?

企業組織何かの理由が無ければ自分の存在が明らかではない
裸で生まれてきた自分をナンセンスだと思うその愚かさ

所詮何も無い所から人も始まるのに
絵白いキャンバスにさて何を描こうか?
から常に始まる
いつも何も無い物から始まる
だからそこに何も概念は存在しない
名誉や組織や金社会の諸々の物さえ存在しない
あるのは白いキャンバスと絵の具だけなのだからである。


岡本太郎と会ったこともふとこのおじさんに話したがどんなことが解ったかとか聞かれ?
人に会うことで人を研究するたいな失礼なことができるか?
とも思ったが会った時太郎がピカソの話しをした内容は珈琲をピカソとパリのカフェで飲んだことそれをおしゃべりしただけだと言った。だがそれはとりとめの無い話や出会いからいろいろなヒントを得ることがあるから人との出会いとか友達を作ることが大事だだと言うことまではさっぱりわからないようだった。

|

« つくつく展に参加 | トップページ | 渋谷でアナログレコード屋さんを発見 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

th?me. Di? y?u create thi? website you?self ?r did you

投稿: Autumn | 2014年2月20日 (木) 03時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は久しぶりに千葉の川村記念美術館に行って来た:

« つくつく展に参加 | トップページ | 渋谷でアナログレコード屋さんを発見 »