« 動く | トップページ | 009は立っているのだろうか? »

2011年3月11日 (金)

兵庫に行き帰りに兵庫県立美術館によった

兵庫県立美術館に帰りよった。

今回も絵だけ見ていたかったが
残念ながら誰も見る人はいない?

一部屋に僕一人。
そしてまた最悪のことに
最近しゃべり始めたあの美術館で座っている
職員とまたおしゃべり

僕が見ているとものすごいもの音でついびっくり
でも別に僕は驚いただけで迷惑とは思わず

どうして美術館は静かにしなければならないのか?

絵を見ながらいろいろと人々が語ったらすばらしい
のになーーと思う。

見る物なのに黙って見ろ。

そんなお役人の言葉が僕に迫ってくるようだ。

そしておしゃべりを職員と話すと
他の者がうるさいとか告げ口したり
また監視カメラで見ていたり

まったくつまらない場所だと思う。

そんなことで帰りがけあの宝塚により
ラーメン屋のおばさんとそんなことを
話ししたらそれでもあなたは美術館に行けはるんでしょう?
と言われ

やはり行きますと
答えると

やっぱ絵が先なんだよな

と思う。

01


02

|

« 動く | トップページ | 009は立っているのだろうか? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

So, let head to the T34. Revolutionary is an understatement when applied to this magnificent piece of Soviet engineering (hold your shots, Christie fans!). Just to mention some of its characteristics we could say that it was fast, well armed, well protected, reliable, simple, sturdy, easy to build, easier to maintain, sporting an amazing ground pressure ratio, easy to man by crudely trained Siberian draftees, economical, and to top it all handsome as hell.

投稿: alviero martini stivali | 2014年7月 3日 (木) 10時29分

Flowers Flowers are a traditional token for Mother's Day, but O'Connor will show a special bouquet of colorful roses that you or your florist can specially make for your Mom.

投稿: spaccio prada | 2014年7月16日 (水) 04時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫に行き帰りに兵庫県立美術館によった:

« 動く | トップページ | 009は立っているのだろうか? »