« 横浜吉田町吉田画廊で展示。 | トップページ | 六角橋の近くの公園 »

2011年4月13日 (水)

潮来も地震で地割れを。みながら困ったなと原発を思う。

02


01

潮来へ赤帽で行ってきました。

埼玉よりかなりひどくビルは倒壊していたり
地割れがあったり神戸のときは1年位たってから
行ったのでビルの倒壊は初めてみました。

毎日原子力発電所の話が持ち切りで
話題の多い昨今です。

一般の人からの声を聞くとやはり
シーベルトとかベクレルとかという単位が何かわからないようです。
その単位のことよりどこまで安全なのか?
ということでそう言われると専門家はシーベルトを使って説明する。
この繰り返しのようです。

しかしシーベルトとはどんな単位なのか?
という説明は少ないようです。
そしてそれを調べようとする人たちも少ないようです。

つまり堂々巡りでわからない状態でことが悪い方向に動いていく
ようで心配です。

しかし説明するとしても原子核の崩壊から話さなければならないこと
それがわかりやすく説明できれば良いのですが僕も何人かに説明しましたが
わかった顔をしてはいませんでした。

シーベルトは人の害に対する放射線量でベクレルは実際の放射線量であることです
だからマスコミは両方を説明しています。
1回のレントゲンでは0,1から0,2シーベルトを浴びるので
0,2シーベルトをさいたまでは毎日野外で浴びているのだから
最近僕らは毎日レントゲン照射されているってことになる訳です。

相変わらず原子炉は暖かく水で冷やすしかない現実この作業が
なくなれば安心なんですがいっこうに止めていません。

報道も単位の羅列でいっこうに解決していません。

良いかなと思う案は必ず1回しか報道しません。
まず作業員ではなくロボットを使うとか
アメリカやフランスやロシアに良い方法を聞くとか
原子炉に東京ドームのようなものをかぶせるとか

こういった解決策を報道はいつも1回だけで終わってしまいます。

きっと訳のわからない学者が出てきてストップをかけて
勝負に出ようとしないそんな人々がジレンマを作っていくように
思えてなりません。

失敗は成功のもと何回もチャレンジしながら成功を導きだすしかないように
思えます。どんな知識もない人の意見も聞くような
そんな開かれた考えが必要ではないか?
と思うのですが?

科学も芸術も発想が重要なポイントなのではないかと思うのですが。

|

« 横浜吉田町吉田画廊で展示。 | トップページ | 六角橋の近くの公園 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

Thank you for your blog article.Thanks Again. Great.

投稿: Peyton | 2014年2月20日 (木) 05時54分

Really good material on this subject. Looking forward to reading more from you later.

投稿: Naomi | 2014年3月17日 (月) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潮来も地震で地割れを。みながら困ったなと原発を思う。:

« 横浜吉田町吉田画廊で展示。 | トップページ | 六角橋の近くの公園 »