« 全然来ない朝霞のアートフリマ | トップページ | 北欧のテロ »

2011年7月22日 (金)

絵が他者にわかる時。

絵を売っていると最近絵の学校でてるんですか?
と聞かれる。
言葉が悪いが芸大美大は嫌いですと言ってしまう。

聞かれるのはどうすれば描けるのかな?
から始めるのではないか?

絵を自分で売りはじめて5年位になるが
一般の人に絵を安く提供して絵を所有して欲しいとの
思いつきから始まったが
その道のりは険しい。

金儲けではなく
絵を持って楽しんで貰えるようなそんな絵が
描けたら良いしまた自分も喜べたら良いなあと思う。

ピカソがキュウビズムを考えたことが
絵の革命だが今学術的なことより
どう相手に解って貰えるか?
具象も抽象も解るそんな絵が描けたらと思ってしまう。

|

« 全然来ない朝霞のアートフリマ | トップページ | 北欧のテロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵が他者にわかる時。:

« 全然来ない朝霞のアートフリマ | トップページ | 北欧のテロ »