« 絵が他者にわかる時。 | トップページ | 男の遺伝子と共通の架け橋 »

2011年7月26日 (火)

北欧のテロ

税金が高い北欧でテロがありそれをなんか良くない
危ない国として扱うマスコミ

でもこのテロリストすごく頭が良さそう?

なんとかと神一重と言うがこれなのか?

バイキングを生んだノルウエイ
やはり英知の国なのか?

昨日はオランジェルさんところで
ポルシェについて僕が絶賛していて
論議がおきて楽しかった。

税金は人のためにあるのではなく
自分のためにあること
自分自身が払うことで自分のために
払っている実感
そういったことが大切ではないか?

それが日本人には懸けているように思える。
しかし平等というものを作るには
それだけの重税が必要と言うことだろう。

これを解決するには長い民衆の議論の末に
表れることであり
それが果たしてくるかは僕は日本は手遅れだと
思えて仕方がない。

|

« 絵が他者にわかる時。 | トップページ | 男の遺伝子と共通の架け橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧のテロ:

« 絵が他者にわかる時。 | トップページ | 男の遺伝子と共通の架け橋 »