« 薔薇の絵完成 | トップページ | 相馬市の港町を撮る »

2011年9月 7日 (水)

マニュアルのあり方

企業での労働者はやりなさいと言ったマニュアルを守ることである。
企業の中での労働者はマニュアルどうりに仕事をするがでは一個人となると個人個人はマニュアルどうりには行かないマニュアルだけでまかりとうれば本当に個人の気持ちまで喜ばせることは出来ない。それは本当にマニュアルどうりや規則どうりにしても個人個人は多種多様でありそんな単純なものではない。しかしいろいろな経験や知識が作り出すマニュアルだから相手にとって良ければマニュアルどうりが正しいそれはまずマニュアルどうりにするのではなく最初は相手を良く研究しどんなことなのかどういう事情なのかを把握した上でマニュアルに近ずけさせることではないか?いきなりマニュアルどうりにしても相手は困惑してしまう。だから相手を良く知った上でマニュアルを少しずつ近くに寄せて行くことではないか?それにはお互いがよく理解し合い相互に助け合い相談しながらマニュアルに近ずけさせて行くしかないように思える。


|

« 薔薇の絵完成 | トップページ | 相馬市の港町を撮る »

コメント

This is such a great resource that you are providing and you give it away for free.

投稿: Trinity | 2014年2月19日 (水) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニュアルのあり方:

« 薔薇の絵完成 | トップページ | 相馬市の港町を撮る »