« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

やはり思いを語りたい。

音楽をする人にはめちゃくちゃ批判するが絵を描く人には批判出来ない。


それは自分が表現しいていると自分が出来ないことをいろいろ言うのは自分が辛いからだと思う。
芸大と言う組織に対しても何も批判できないだがやはり思うことはここでまとめてみたいと思う。
僕が
デザインの専門学校に行っていた時イラストレーションが全盛だった。

その時イラストは出品しなかったいまでも出品しないがしょせん芸大にみんな賞をとられてしまうと思い、出さなかったそして日比野克彦がそうなめにした、

最近絵を運んでいるがみんな芸大の関係で運送屋だからしかたがないが運びたくない絵が好きなのに


芸大のことばを聴くとお腹が苦しくなるし嫌な顔になるでもきっとこれは僕だけなのかな?


と思い慰めるそしてまた何日かすると頭の中でこんな絵を描きたいとひらめくあれも描かなきゃこれも描かなきゃと思いがハリメグされる。

芸大のことがでると自分のひらめきがなくなり苦しくなる。


フランスには芸大がなければやっぱフランスはいいなと思う。

最近は芸大なんか気にすることないと言ってくれる人がいる。うれしい。。


人によろこんでもらう絵が描きたいし自分もお金や名誉ではなく好きに絵が描けたら幸せだと思う、それは金のない世界だからかもしれないが芸大で絵の勉強をしたいとは全く思わないはっきり言ってあそこに近寄るのも好きではない。


行っても全国には沢山の絵を見る所もありすばらしい芸術家がいたりそういう人と芸術の音楽や美術やあらゆる文化を語り明かせることが沢山あって楽しい、


いつか世界の芸術家と芸術を語れたら楽しい。
しかし芸大の芸術家とは語りたくない芸大でも芸大でない芸術家とは語れるがなかなかいない。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

会社ではない生き方が絵描きにはあるのではないか?

会社に買ってもらう絵は描きたくない。昔いわさきちひろさんが多くの会社を回り
イラストを描いていたが子供をかかえながら会社を回って会社の人が不憫で会社のカレンダーにしたことがあるそうだキッコウマンのカレンダーは有名だ会社優先の社会はもうこの頃からあったと今でも思う。だから絵描きは会社にたよらず人々と直接話をしていくべきだはないか?そんな気持ちは日々思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

老いる

もう僕も50になった父もとうとう胆石になりもう胆石は胆のうが機能しなくなるそうだ母は車いすでお互いに年老いた感じだ。

孫もいないので笑いもない。

だから毎週家に行き顔を見せる。

順番だからと思い自分を慰め、その割にたいしたことのない仕事と生活で人並みではなく金に追われる毎日だ、

今日ある人からみんな金が欲しい人の集まりの中で生活しているのだから自分だけが良いはずはないと

言われやはり絵だけは描いていたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

金に追われる人生

20代の頃園田さんと言うおじさんとよく遊んだ僕がグラフィックデザインをしたくてふらふらしていた頃

彼もコピーライターと称してふらふらしていた、

この人といろいろなことをしかけて遊んだがいつもお金がなくカードを使い放題使っていた

今みたいに厳しくなかったから、何枚も持って使っていてある時使えなくなったと


言いまた更に貧乏になった。会社の人は少ない給料でお金に苦しみ自営業はいつあるかしらない仕事で金はなく金に追われる人生はつくずく嫌になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

北品川楽間で展示しました。もう4回位になりますか?3月は2日間しようかと思っています。

寒くてお客さんは少ないけれども。近くで面白いウサギの人形を作っている方が
経営する喫茶店でお茶しました。


013


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

帝釈天はやっぱ寅さんで心地よい

毎年正月は一人なので人と会うこともなく家にいても

仕方がないから初詣に出かけるでも人が沢山いる所に行くのは

嫌なんで全く贅沢だが、浅草寺は夜中に帝釈天は朝方行く。

だから提灯が少しだけ明かりが見える。

これに成田山がくっつくと3点が結ばれるがなかなか成田までは行けない。


0_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

ユーロが経済を動かす。

ヨーロッパの経済はぱっとしないユーロにしても高くはない。

日本よりもヨーロッパは長い不景気になっている感じがする。

しかし僕はそうは思わない。
医療や教育に力を入れて
着実に人材を育成しているのではないか?

産業の根本は人の知性や技術力で人を育てるほど
時間がかかることではない。

日本は目先の利益だけに目が行きまったくそういう
ことには無頓着でというかわからないのかもしれない。

僕は中国ではなく
ヨーロッパの復活がおこる可能性のほうが高いと思う。

円高がなくなったころドルではなくユーロが変わりに高くなる気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

長崎にて

長崎の帰りがけに港をスケッチ

その後少年と一緒にデートしている都電を撮って帰って来た0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »