« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

デブ

今日午前中なにげにNHKラジオ聴いていたら女性が若い女性はおごり高ぶるな、と言っていたちやほやさせられている時代に当たり前と思わず、長い目で人と接して行きなさいという。
20代の女性は誰からでも良い視線で見られがちだからだ、
しかしそれではその後の人生でその気持ちでいると大変生きにくいとのことだろう。僕は20代の頃若いと言ってもデブだし相手にもされなかったし持てなかったことしか覚えていない、でも今そんな話を女性自身から聴いてみると何か?時代は変わったし日本人の価値観みたいな物が変わった気がする。デブの頃もやはり絵を描いていると持てると思っていたが、、、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

働くこと

会社の社員や労働者に対するいじめはパワーハラスメントと言うみたいだ。この前の岩槻のスエーデンハウスのこともこちらの意見など聞かずケンカごしではないのにケンカといい最後には怒鳴りチラシ昨日のメディアの話だと殴られる人もいるそうだ、自営業者だから僕は断れるが、長い不景気で人びとにストレスを持ち込みそれが弱い物いじめになっているのではないか?若い頃有名なイラストレーターに会わせてくれるからと言いただ働きされて殴られ仕事をしたことがあるが、そう言ったことがない良い社会をみんなで作っていきたいと思うのだが、細腕繁盛期と言う番組がかつてあったがいじめと成功があることが何故良いのか?おしんみたいなことがあることが不思議で仕方がない、、

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

なんとかの絵

かわいいは売れるが、かわいいのは絵とは違う。占いの絵も絵だが絵なのだろうか?占いの絵で絵だけではない、かわいいも絵に描いてもかわいい絵で絵ではない、だったら絵でも風景画で印象派みたいな絵は売れる印象派ってもう100年前の絵だ、音楽は100年前ではクラシックになってしまう。そう考えながら抽象画を描いたら売れた。昔は売れなかったこれなんですか?これなんですか?と言って買っていく?さっぱり解らない?そう思いながらかわいいのは描くし、抽象も描くし、風景画も描くし、印象画みたいなのも描くし、いったい何をしているのか?でもすべてなんとかの絵なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

酷い目に遭わされたスウエーデンハウスと言う会社

また赤帽で酷い目に会った。アルコール検査をして下さい、と言われ機械がさっぱりわからない何回か質問したら笑ったいる実は何十年も飲んでいません警察にもそう言っています。と言うとけんか腰と言い始めたなんでも逆らえばけんか腰だ。スエーデンハウスと言う岩槻の会社だが全く酷い。仕事はさせないと言う。別にしたくはないそう思うし一日気分を悪くした。人は黙ってれば良いと言う何でも黙ってれば何やらされる解らない。赤帽を辞めて行く人が多い、でも解る気がするがこの仕事は無くなると日本の流通自体にかなりの打撃が起きるだろう。そうやって真面目にやろうとしている人たちに迷惑がかからないようにして行くべきではないか?絵が売れればその日に辞めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

世間と自分

結婚したが身体の弱い彼女だったから。8年位一緒だったが亡くなってもう15年位経つだろうか?自分の父母も歳をとりお前がお父さんの歳と言われる位の歳と言われ、世間とは違い変わっている人と思うと、650万人ものパラサイトシングルがいることに自分が特別なのかとも思わないことが解り少しは安堵する。

中学はほとんど行かなかった。でも大学に行けた、しかしこの歳になり、家を持ち一戸建てに住み世間ではうらやむ生活だと思うが。一人で楽しんでいるから何か?いつも標準ではなく。今でも後輩には学校なんか行くなl、と言い一戸建てより一人で楽しく暮らした方が良いよ、と言う理想かんなか解らないけど一般論とはいつも違う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

解った。

風邪ではなく。布団や畳のカビから来る。アレルギーで咳きが出ていたことがいろいろ自分で考察してみたら解った。今まで寒かったが急に湿度が高くなり布団干しを独り者だからしなかったから布団のカビが原因であることが解ったしかし喉は炎症したため相変わらず咳は出る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

新花粉症

喉が痛いがこれはやはり風邪ではないかもしれないと思い始めた。北品川で通りがかりのの若者が今時花粉症かよ。と けんかを売るみたいにこちらに向かって言ったのがやけに気になる。僕がどこかでいじめた若者なのかと、被害妄想になりながら、喉の痛いのはまたどこかの植物のアレルギーか?と思った。杉の花粉症は30年かかって完治したからもう治る時はこの世にいないと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

絵をどう売るか?

絵を描く場所が自由にいろいろな所で発表出来たら良いと思ってもなかなか出来なかった。でも今は大分出来る所が出て来た。それはフリーマーケットや手作り品をしている人たちが場所を確保して来たからだだからと行って両者は絵に対してはさほど理解はないだからその隙間を縫って絵を展示するしかないと今回改めて品川の楽間で思った。インターネットで知り合い絵のパーティーで人と会ったから絵が売れてもそれはどこかの展示会の審査員と仲良くなるのと同じだと思うし、やはり絵を見る喜びを知ってもらうこと音楽を聴くように絵を見てもらうこと絵が生活のみじかにあるように出来ればと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

パラサイト

ナックファイブでこんなことを話していた。結婚しない男や女が親と同居していて40さいになっても一人でいるのが560万人もの人がいるそうだ、それをパラサイトなんとか?と言ってただ学校にいかない人をまるでその人達にレットルを貼りそれをなんとか?と言うのも、なれて来たしそれをとやかく言う社会でも無くなったのはみんな何かに該当しながら生きているようになってしまったのかな?と思えてしまう。560万人はだいたい年収300万円以下と言う仕事はしていても結婚して子供を育てることが出来ない最近子供連れの若い人を見ているときっと僕よりお金持ちと見てしまう。この560万人はまた親と同居だから親の年金で暮らしている現に僕の弟がそうだが僕自身もお世話になっているから全く困る、でも何でもマスコミは国のせいにするが日本人は全く自分たちがしたことだと思う人がいないことに驚きを感じる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

楽間/終了。

北品川楽間展示販売昨日で終了しました。酷い目に合いました。平日開催なので仕事を断り皮の財布を売っている人ばかり目の前で売れてお客さんは嫌々ながら来ている感じで原因は人が来ないからと強引なチラシ配りが原因かと思えて仕方がないです人のいない商店街で暇な人しか来なくて来る人は皆高齢者では全く困ります。東京に住むこと自体が経費がかかりすぎではないかと思えてなりません地方が良いかと言うと仕事がなくだから僕みたく毎日東京に行くことが多くなります。品川の人達に安く絵や手作り雑貨を楽しんで貰う程余裕はないと思いました。そこで自分は少し間を置くしかないなあと思いました。楽間と言う場所を皆が楽しく使えるようにするには?手作り雑貨だけに限らずフリマ形式にすれば良いと思うけど人の言うことは聞かない人達だから出展者は皮の財布の人と僕だけになってしまいました。この北品川は朝は住んでいる人は近くの高層ビルディングに仕事に行き休みは生活の物は商店街ではなく近くのスーパーマーケットに行くので商店街は錆びれるばかりですそこで活性化のためにこの楽間と言う施設を作ったのですが手作り雑貨でチラシ配りも?いささか無理かなと思います。これではイメージが悪いです。手作り雑貨が有ったり八百屋があったり乾物屋があったりでミニフリマみたいにすれば良いと思うのだが?所詮私の意見は聞きません。でも世田谷みたく芸大に任せるのも問題かと思いますがね?

01


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

TOKIO

東京はいつも行くけど住みたいとは思いません。騒音や安全性の問題があり住みやすい環境には思えません、しかし自分はこの東京で生まれました。僕が生まれた時は丸ノ内線が出来たばかりで東京が世界の東京になる初めでした。でも今魅力を感じない東京になんとも悲しい思いです。世界一かも知れないけど住みたいとは思えないいつも沢山いる警察が監視していて何かしら見られているそんな居心地の悪い環境、自由主義を感じない閉ざされ環境に住んでいる人はよくこんな所にと思ってしまうのは失礼かなと思います。きっとカネだけなんだと思ってしまうのはいけないことなのかな?と思ってしまいます。品川の人と話をしているとそんなことを感じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

ポロック展行って来ました。

久しぶりに国立近代美術館に行った。初めて行ったのは中学生の時中学の美術の先生に連れられ行って30年以上が経った美術館は変わらずある。沢山の海外の画家を見て来た。今回はあのポロックであったが大きい作品は見れなかったがポロックの解説は見事なもので良かったあの人がたにくり抜いた作品があり見とれたまーー日本の所蔵のもだが千葉のdicの美術館の方がこれらの現代美術の作品は大きいがポロックは少ない。

0polozku_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

加須で絵の販売

昨日は一日加須の花崎公園で絵の販売でした。赤帽の車の隣で絵を販売するので少し楽ですが一人でするのはやはり大変こうなると品川の楽間は良いですね、


03


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »