« | トップページ | 食べること »

2012年8月16日 (木)

開かれた美術館になって欲しい。

横瀬さんがもう展示をしないと言っていたが、
なんの電話か?
今日また絵を描くと言っていた。
埼玉県立美術館は疲れたと言うだけであまり理由は言わない。
僕はやたらうるさくてお役人にへつらうのはいやなんだろうと
思ってしまう。
でも決まった人で展覧会でなんども入選した人だけではなく誰でも順番で展示できるようになったのだから少しは進歩したのかな?とは思うが、、、、
また横瀬さんの展示を期待したい。
20代のころ画廊に行って個展をしたいと行ったら。美大や芸大でないと展示出来ませんと断られたことが何回かある。
美術館も同等で一般の人の展示ができるようになったのは
そんなに昔からではない。
こういうふうに少しでも多くの画家が展示出来るようにしていくことはありがたいことでこれからも続けて欲しい。
しかしいつまたもとに戻るのではないかと心配だ。
さらにこれからも多くの人が開かれた美術館で絵を見られるようにもっともっと沢山の人たちが垣根を越えて自由に絵が見れればといつも思っている。

|

« | トップページ | 食べること »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開かれた美術館になって欲しい。:

« | トップページ | 食べること »