« 草間弥生さんとの出会い | トップページ | 世知がない世の中をまた感じた。 »

2012年9月30日 (日)

スポーツの欠点

スポーツに関係したことは一切興味がないと言うより話題にしないしまた知ろうともしない。しかし一郎に関しては別で異なっている。一郎はあの大リーグの一郎だが。なんで野球にこんなに理屈をつけるのか?そのこだわりが大切だと思う。
世の中は単純ではないそれをスポーツと言うあくまでも単純なことに仕事や生き方を当てはめ単純に人を動かそうとする人は一郎のような理屈だらけのスポーツとは違う。
だが素人のスポーツ選手はその理論を勘違いして単純で簡単でただ勝てばいいんだ勝てばヒーローだと思う。複雑な理論と経験から生まれる人の知恵を簡単に解決するから成績だけを見るデーター主義になってしまう。
だからスポーツは結果さえ良ければ良いことになる。
また近頃この単純な考えのやからが出て来た。
もう勘弁して欲しい。
上の命令は正しいそう言って何人もの人が死んで行った。
軍国主義。
そんな単純な考えで出来なければもう仕事を出さないとか。
出来なければ練習しろとかそういう簡単なことで解決出来ることが全てではない。限界や人には出来ないことは沢山ある。それが解らないのはデータにはあるが実際には違っていたりよく検証もしないのに出来ると思ったり。考えが浅かったりそこには単純なルールをもとにしたスポーツには到底人とのコミュニケイションや仕事や人間関係は成り立たない。
可能性のあることははっきりとした事実があるから可能性があるのでその可能性を無視して無理難題を押し付けるスポーツ的やりかた一郎とはまったく違うスポーツの考え方、これが本当に危険であると思う。
結果は良くてもそこまでの過程はどうでも良いと。次に繋がっていかない、結果は沢山の経験や知識の積み重ねの中で良い結果が生まれるのであって、結果が良ければそれで後はどうでも良いではない。結果良ければ全て良しはスポーツだからではないか?
と思ってしまう。

|

« 草間弥生さんとの出会い | トップページ | 世知がない世の中をまた感じた。 »

コメント

I am curious to find out what blog system you happen to be working with?

投稿: Abigail | 2014年2月23日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツの欠点:

« 草間弥生さんとの出会い | トップページ | 世知がない世の中をまた感じた。 »