« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

秋が瀬バイクロア2012

秋が瀬公園での自転車のお祭り行って来ました。
仕事とは関係なく全くの遊びでした。
1月に1回の絵でもなく行楽と言うのか家族のいない自分には
めったにないことでした。
時間も何かに悩みながらの日々ですが絵も描かないとまた辛いですし。
自転車は健康のために始めたのですが無理せず乗っています。
お金もかからないようにしていますが結構かかっています。
秋が瀬公園のイベントは昨年は参加せずに見て終わりましたが今年は参加しました。
参加はコースを回るのですが歳の多い順のに参加しましたが
なかなかみなさん早くまた自転車のサドルが折れてしまってリタイヤしてしまいました。
残念でした来年は完走をめざすことにしました。
また日々歩いたり自転車に乗って運動しようと思ってます。

020121

秋が瀬公園での自転車のお祭り行って来ました。
仕事とは関係なく全くの遊びでした。
1月に1回の絵でもなく行楽と言うのか家族のいない自分には
めったにないことでした。
時間も何かに悩みながらの日々ですが絵も描かないとまた辛いですし。
自転車は健康のために始めたのですが無理せず乗っています。
お金もかからないようにしていますが結構かかっています。
秋が瀬公園のイベントは昨年は参加せずに見て終わりましたが今年は参加しました。
参加はコースを回るのですが歳の多い順のに参加しましたが
なかなかみなさん早くまた自転車のサドルが折れてしまってリタイヤしてしまいました。
残念でした来年は完走をめざすことにしました。
また日々歩いたり自転車に乗って運動しようと思ってます。


020122_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

絵と政治

先月かなり絵が売れてうれしいが、
なにせ手作りだから追いつかない、
明日は手作りだけの出展で数が心配。
どうにか1ヶ月暇を見ては作ってみたが並べてなんとかだ。
こんな時はなかなか売れない気もする。
神様はイエスもノーもないからこう考えては行けないかもしれないが。
昨日は前橋に行ったがある喫茶店で政治の議論をした。
僕はスエーデン方式が理想だからそれを説明した。
会社から個人へ会社がつぶれたり辞めさせられても
また再チャレンジ出来る社会。
会社が社会ではない個人が社会の世界。
それがこれから必要だそれがスエーデン方式だと言ったが
全く賛成してくれなかった。
個人から全て70パーセントの税金を取ると言うこの国の
高い税金の方式は全く職がなくても食べさせてくれたり
生きていけるこの国の方式一律70パーセント納税だから教育医療は無料でも日本では出来ないと皆が口々に言う。
出来ないと思う日本人でも日本の道は産業国家から福祉国家へと歩むべきだと今でも確信する。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

法然

法然は前橋の喫茶店のマスターが言っていたが、キリストのような考え方だったらしい。
ネットで見てみたら文章に個人と女性を重んじるとある。
一人ボッチの浮浪者のような人や女性などのいわゆる弱者を対象として彼らに力を注いだと言う。仏教の教えとは逆の物より愛を中心としたとある。
日本人はこの法然の浄土真宗が9割を今でもしめるらしい?
日本人はキリストのような個人や老人、集団の力より弱者へ重点を置く民族なのかもしれない?
今自由に宗教を認める人々にはその法然の力があるのかもしれない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/法然

法然の教えは都だけではなく、地方の武士や庶民にも広がり、摂関家の九条兼実ら新時代の到来に不安をかかえる中央貴族にも広まった。兼実の求めに応えて、その教義を記した著作が『選択本願念仏集』である。日本仏教史上初めて、一般の女性にひろく布教をおこなったのも法然であり、かれは国家権力との関係を断ちきり、個人の救済に専念する姿勢を示した[8]。
法然の個人に対する考えはこう書かれてあった、

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

こうなったらいいな日本

もし日本が福祉国家としてアジアで最初に名乗りを上げたら。
日本は世界から注目されると思う。
先輩の画家達が平和と平等の為にポスターや絵で持って表現して来たことは。一人一人の人権や平等を願うことで
僕らにはそれを実行することが必要で
これからまた中国の侵略があったとしてもそれを防ぐのは
平和であることを目的とする
福祉国家のように思えてくるのだが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

元永さんの思い出

元永さんとは僕が20代のころお会いしました。先生は電車が好きで一緒に乗っていろいろなお話をしたことがあります。もちろん僕は宝塚大学にいくみたいに関東から出向いて乗ったのはやはり阪急電鉄だったと思います。

/Users/apple/Desktop/550194_335501736548353_1980512123_n.jpg550194_335501736548353_1980512123_n


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビートルズは何故駄目なのか?

昨日日比谷に行った。子供の頃よく家族で行った。
日比谷公園は昔と何か変わらない、人が多く。
個性的な空間であった。日比谷公会堂に入ると変わった喫茶店がありそこには過去の有名なクラシックの指揮者達やピアニストの写真が並べられていた。
そこにいる若者が店員で全く
知識もなく営業している。
その店には蓄音機があり訪れる客は難しくて解らない、だが残念だが僕は写真を見たり蓄音機を見たりそしてべらべらとおしゃべり
すぐ彼と仲良くなった。
音楽とは音階が単純では深みがない、
そこに音楽の真実が隠されていると思う。
ベートーベンの偉大さは音階が単純ではなくそこにいわゆる長調から短調への変調への繰り返しや音階を急に変えていくこと
この方式を天才ベートーベンは行った。
音楽の深み音楽をどう表現するか?そこにはビートルズのような単純音楽では表現できない物がある。
ビートルズは高度な音楽性は存在しない。
しかし音楽が好きな人にはビートルズは必要ではないが。
音楽などはどうでも良い人が聴いていればと言う人は良いかもしれない
しかし今70年代に聴いた難解な現代音楽が普通に聞こえるのは何故なんだろうか?それは音楽が進歩したからだと思っている。
全体も進歩し一人一人も進歩するからだろう。

ビートルズの音楽性がすばらしいのではない。
音階や質の高さはまず×だろう。
しかしビートルズがなし得た技は音楽性ではなく
ここから派生した。
音楽の多様性が重要でその多様性を今までの音楽の種類そして音楽の発展に強い影響力を残したことである。
当時はジャズ、とクラシックしかなかった。だから
今はあらゆる音楽がある。
その豊かさはビートルズの偉業だろう。
でも音楽性は最低だと今でも思う。
その大きな欠点を高い評価の中にいれるのは
愚かだ、でも人はそこまで理解できない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

僕にとってのキリスト教

新白岡に福音キリスト教会がある。
水曜日は第二の安息日でココには喫茶店があり水曜日は開いていてコーヒーを今日は飲んで来た。
僕は教会とは縁がある母はクリスチャンで僕は思う所クリスチャンではない
しかし牧師さんの娘さんと結婚することになったかもしれないしまた牧師さんが僕の保証人になってもらったりでいろいろと僕はキリスト教にはお世話になった。
今日もあることでお話しを教会にいた女性と話した。
それは日本人が何故個人の尊厳や個人の幸せ人と人との平等に考えが至らないのか?と言うことである。
今回のシャープの6000億もの赤字についても
会社第一主義で個人主義ではないからこれから一人一人が会社の為に生活を奪われ犠牲が沢山出来て行くのは明らかなのに人々はそうなった時に気がつきどうしようもならなくなり路頭に迷い自殺して行く。
自業自得と株好きは言うが。
一人の命の尊厳や基本的人権そして人々の幸せや平和それがここに至ってあるのだろうか?と思う。
かつて日本は天皇と言う現人神を信じ何万もの人が死んで行ったのも知ったことか反省しない。
では何故日本人はこうなってしまうのか?
仏教は神と仏が存在する。しかしキリスト教には神しかいない。
坊さんが人が死んだ時に仏陀の教えをキリスト教の牧師は人が死んだ時神の話はしない。仏が存在しないからである。
神は神しかない聖書では神のことしか語らない。
死んだ人のことは語らない。
神のことだけ考えるキリスト教と神も仏も考える仏教はココが違う。仏に対して敬うことは祖先と言う集団に対して敬うことであり拝むことでもある。だから集団が唯一正しいことであり。一人の人がしていることは正しくなる。
だから個人を敬うことではない。
キリスト教は唯一イエスが人でありそして磔の刑になり神となる。そしてそれが神として信仰を司る。
ここに大きな個人主義と集団主義の違いが出てくる。
今また会社と言う現人神に向かってまた邁進する日本人
福音教会の彼女が言った、
個人を尊重していくことが日本人には出来ないのではないか?
と言う。
それは仏と神が共存し祖先が死ぬと法事や葬式に行かなければならない日本人の集団でやっていればなんとかなる。集団に入らない物は追っ払う。
内の会社はこうで他人の会社は関係ないそんな社会を作ってしまったに違いない。
シャープが利益を上げられないのは他人には善行をと集団で教えておきながらみんなそうしているのは守りなさいだから進歩が全くなく、いいように利用されて中国に技術をみんな盗られてしまったのだろう。
キリスト教はヨーロッパの文明が作り出した物で日本人が作り出した物ではないが。世間を見渡すとあらゆるヨーロッパやアメリカの物で満ち満ちている現実は隠しきれない。
これからキリスト教文化ヨーロッパ文化は世界をリードして行くだろう。それは個人主義が良い意味での幸福を生むからでまたそれが人々の愛へと繋がって行く。
だからこそ集団主義から個人主義へそして会社からファミリーへと底上げの原理を使わなければまた日本は泥沼化して行くだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

絵を売り思うこと。

久喜にある額屋さんに行く。
いつもおまけしてくれる。
絵を100円で売っていると言うと、売るな売るなと話す。
おまけしてもらうのはうれしが説教となりやがては議論となる。
絵は小さなはがきサイズで100円からなのだが中には1000円出してくれる人もいる。
そんな中で喜んでもらうとうれしくてそれの方が先にたつ。
僕は愚かだと思いながら最近は借金で苦しむ。でも出所は絵ではなく運送の方だ。
絵は好調である。
場所によっては大変な所もあるが気に入った所はまた行く。
フリマだから場所によることは確かだ。
しかし絵は1月に1回くらいしか出来ない。
毎週フリマを探しながら生活している人もいる。
仕事がない会社には入れてもらえないそんな最後の終着駅みたいになっている。
これに政府や公的機関が入ったらこの人たちはどうなってしまうのか?嫌自分もだよなと思いながらいる。
絵を描くことだけが喜びだ。
最近は僕のことが解って来たのか?
絵を描いていなければとっくにいない人だとも言われ酷いことを言うなとも思いながら悔しい日々を送っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

どんな状況でも絵は描ける。

パナソニックやソニーが相次いで赤字決算を出すとこれからまた連鎖倒産が沢山出てまた僕らの仕事は無くなる。
絵も売れるだろうか?などと考えるが絵は食べて行けなくても紙と鉛筆があれば描けると思いながら描いてきた。
お金がかかる絵が描けなくても絵は描きたい。
そう思いながらまた描いて来た。
赤帽は高い値段の資産が必要でも絵は50円の紙と10円の鉛筆で描けるのだそんな気持ちが最低の生活から生き返った自分にはある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

賞で浮かれていたら結局お金がなくなり大変なことになり始めている。

賞で浮かれていたら結局お金がなくなり大変なことになり始めている。
亡くなった妻が光熱費が払えないから僕に変わって頭を下げたことがあったが、また同じようなこととなり
一人悩んでいる。
これからどうなるのか?
毎日が不安でならない。
絵のお金を出そうとしたが。
絵のお金を貯めておフランスに行きたいと
言ったら水道屋の人はまた来ますと言って
帰って行ってくれた、
妻が生きていたころ僕はまた絵を描いていた。
でも妻は何も言わなかった。
その後妻は植物人間になり
そして亡くなった。
もう結婚したくないと思ったし
人と暮らすのも嫌だなと思った。
今回自分がこうなったのも
自分がだらしがないからからでもなく
どうしてなったかもわからない
でもこうやりながら
仕事も資産も無くなり会社は倒産するのかな?
なんて思いながら一人だからどうにかこうにか
生きていけるのかなと思ったりしながら
また少しずつ絵を描く毎日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »