« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

新しい流れ

現代美術は1960年から80年位が最高だったのかもしれない。
そのころ具体や新日本美術協会といった60年代に活躍した若手達が活躍した。
アンデパンダンやトリエンナーレもこの頃出来たと思う。
白髪一雄や僕の好きな斉藤義重らこの頃の人だ。
皆が新しい表現へと絵を開拓していった。
もうするべき物は無くなったと言い始めたのは2000年になった頃からで
世界は不況に入り込み、グローバル社会へと突入した。
現代美術でも美術館の職員に旨く言ったのか?
訳の分からない検討もつかない美術が登場した。
それを書いてしまったが良いかどうかは僕も疑問だ。
だがそうしたことがわからない美術、難解な美術をとりあげてしまった。
だが人はそこに打撃を与えた。やはり違うと自然とこの手法は消えていった。
今また僕は新しい波が到来していると思う。
美術は理論の中では死んだ。
だが理論以外の何かが我々の中で動き始めていると確信する。
ロックミュージックも死んだとされているが
ロックは我々にとっても永遠だ、
現代美術のすばらしさはあのエネルギーと情熱がある時代が作り出した
美術の世界では先進的なことだったと思う。
しかしまた新しい進歩をしていくことこそ人なのだ。
理論ではない人とは何か?
美術の中から理解することが出来たら。現代美術も役に立つ美術になると
僕は思う。
真の人の感動とは何だろう?
それにつきる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

株価は上がっても、少しも仕事はない。

株価は上がっても、少しも仕事はない。
世間を歩いているから解るが
昨日も高速道路はがら空き渋滞するから景気が良いと思うのは僕の勘違いかなと思う。
株価が上がると仕事がありそうと言う考えは,
安部さんが総理になってからはその法則は無くなったと僕は思っている。
その法則に頼っていた頃の方が僕的には楽だったなと思ったり安心だったり
だった。
株価は上がっても円安になったから交換したと短絡的に考えているが僕は正しいと判断している。
これから物は高くなりお金もない給料は上がらない最悪のシナリオが始まると思っている。
ただ一つ良い話は京セラなどの大企業が管理職制度の新たなシステム作りに挑戦し始めたことだ。
もういい加減に偉い人が正しい理論は覆される、しかしこれも個人個人の努力で会社がなんとかしてくれるだろうなんて甘い考えは捨てるべきである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

ジャズイラストの新作

そう言えばマックで描いた新作だったが公表していなかったように
思える。
マックで絵を描くのは人によってはコンピューターだから楽だろうと
思うが長い時間を描けて描くとこうなる。
僕みたく手で描いた感じを出そうとすると時間と力量が試される。

5


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

job はjoyだから日本語の仕事とは違うjobをしたくて貯まらない

以前から思っていた事なのだが。
若い頃は彼女が欲しいと思って毎日を過ごしていたが。
今はお金に困って毎日を過ごしている。
結局競争の激しい
皆が望む物は僕のような人間には到底あり得ないことなのだ。
生活が出来ないのも困った物だ。
女性はもう20年くらい前に諦めたが
お金は全く諦められようがない。
サラリーマンの努力もしてみたが
世の中,仕事をしないとお金がこないこら
困り者だ、当たり前のことだから
競争率が高いのだろう。
誰でも思うことほど大変な事はないと思える。
絵なんて中学生の頃から金にならないから辞めなさい
食べていけないから辞めなさいと言われ続け今でも描いている。
絵を辞めても仕事をしてもお金はさほど変わりないと僕は今思う。
だったらさほど変わりがない程度に絵を描いていけば良いと思うのが
僕の答えである。
安くしても売れればお金になる、
そう考えて絵は少しでもジョブになれば良いと思う。
job はjoyだから日本語の仕事とは違うjobをしたくて貯まらない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

国展で青木先生と再会うれしいです。

http://www.google.co.jp/search?q=国画会+版画部&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=7_yEUbOkOorQlAWWiIHICA&ved=0CDgQsAQ&biw=1257&bih=669

国展六本木新国立美術館で開催され青木先生に会えて楽しいひとときを過ごしました。
版画の困った紙のしわについて教えて頂き感謝しました。
一人で解らなかった事が解決出来て
早く摺りに入りたいです、
まだ絵の具が未だなので買ったら
すぐにも始めたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

おでんの粉

豊田市に行った帰りに静岡の
サービスエリアの天神屋さんでおでんの粉をもらった。
この粉は鰹節を細かく砕いた物だがそれだけではない
何か違う物が入っているが未だに分からない。
この粉と辛い黄色のわさびをつけてはんぺん、竹輪をいただくこれも静岡独特な練り製品である。
新しく新東名が出来て快適になった。
連休中はこれから混雑しそうだ。
水産高校の帰りに石田おやつの店でよくこの粉とおでんを食べては家に戻った。
何年か前に静岡の絵描きが王子で個展をする際によったが
夫婦で営む小さな店は健在で二人は老人になり
自分も中年おじさんとなった。
あっという間のことである。
今思うと夢は絵描きになることあの頃から300号の油絵を描き
絵のことばかり考えていたのは相変わらずだ
絵描きなのか画家なのか運送屋なのか?
分からないがもう運送屋はうんざりだ。
たった鰹節の粉にも沢山の思いであることに
今驚く。
その隣には今でもあるカメラ屋があり
そこでゼンザブロニカを父に買ってもらった
思いでのカメラ屋もある。
そして
石田おやつの店もある。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

今度新しい軽トラックになる、

今度新しい軽トラックになる、SUBARUがダイハツ製のサンバーになりその1号機になるそのためか?
全く今使っている車とはいっさい融通がきかない。
いろいろSUBARU製はサービスがよくいろいろオプションがついてきたが全くそれがない、これからどうするか?
毎日不安だ、
仕事も4月から止まり先日失敗しお客さんがなくなる、、、
他の客にも影響がでるのではと思いは連なる。
しかしどうせなら電気で動くサンバーがと思うが
世の中はまだまだそうはいかない。
SUBARUは電気自動車を開発しそれが失敗したのか
トヨタに身売りそして僕はその影響をもろに受けてしまった訳だ。
車は消耗品だから使えば壊れる
でもこの複雑なレシプロエンジンには嫌気がさす。
いつか電気になれ。。と思うのは運送屋だけなのだろう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

考える

考えるとそのことが現実に起きてしまうことってあるような気がする。
だから考えないようにすれば良いが僕なんかは沢山考えてしまう。
運送屋なので車に乗っているときは運転に集中するが
頭は違うことを考えている。
絵は考えないように絵だけ考えるので考えない一つの手段だと分かってきた
いや、運送屋なんて本当に辞めて絵だけ考えていれば良いのだが
生きることは生活がかかっているからそのためにまた考えてしまうのだろう。
もろもろの考えをどうするか?
特に失敗した時の悩みは大きい
そう。。。考えないようにするには
音楽聞いたり絵を描いたり絵を見たり映画を見たり
いろいろ思考錯誤しても失敗したことは
やはり考えてしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »