« 30年ぶりのデザイン | トップページ | マックの曲線 »

2013年6月14日 (金)

9,1から10への垣根

インテルマックになってもうずいぶん経つ、マックが大好きで次から次へ欲しくなる。仕事もないしお金もないから、最近はまたデザインを始めたが以前と違い会社つとめではなくインターネットでコンペ厳しい毎日を送っている。
デザインの会社では競争が個人間であり苦労した。
でもそう言った事がない変わりにネット上では本当に実力だ。
日頃から実力だと言っていた自分に自分で言っているならやってみろと神様がそうさしているのだろう。
インテルマックがないとこのネットの仕事もやりにくくなって来た、
ソフトが以前のソフトでは入らない。
大好きなマックの大嫌いなマック方式だ、
インテルマックは偉大なマックの創始者ジョブスが開発に携わった。
マックとウインドウズの垣根を越えた素晴らしいシステムだ。
しかしその以前のソフトは使えなくなった。
os9,1からosxになったときの垣根は高かったがそのハードルもようやく
克服した。
両方を今でも使っている。
9,1はまだまだ使えて楽しい。
9,1までの欠点はやはりバグだろう。
それを克服した10以降はジョブスの力によることは確かだ。
そしてインテルマックはジョブスのまた功績でもあるのだ。

|

« 30年ぶりのデザイン | トップページ | マックの曲線 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9,1から10への垣根:

« 30年ぶりのデザイン | トップページ | マックの曲線 »