« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

midashinami

人はいろいろな所で自分の事を見ている。
自分もいろいろな所で人を見ているのだろう。
だが絵が好きだから他人とは違った所で何かを見ているのかもしれない。
髪の毛が伸びても誰も言わないが人は見ていて
ひげでも伸ばしていると
更に汚らしいとは思わなくても
感じるのだろうか?
身だしなみは大事と言うが、
ネクタイ締めて安物の背広を着るなら
どうかなと思う事もある。
子供の頃からデブだから
すぐシャツが出る。
そこいくと
優等生の女子はいつもきれいであった。
汚くてもビートルズのように過去は札付きの若者で
大変汚い存在だった。
でも思う。
やはり長髪に髭もじゃりんは汚い。
でも僕の若い頃は言われれば
逆らっていた。
今はきれいにしないとと思う。
それは
知らず知らずに他人を見て判断しているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

陸前高田の浜辺で三上寛が演奏するシーンを描き始める、

あるんだか無いんだか解らない個展に新しい絵を描き始めた、
2枚組で三上寛が陸前高田の浜辺で歌うシーンを描いている。
油絵でまず下絵を描いてから日本画で砂地を描く、
そして空はブラシだが
今回は日本画とコンテを両方使ってみようかと思う。
今日は油絵が出来たので乾くまで
次へは進めない、
あるかどうか解らない個展だが
描くのが好きだから
描く。
何回ものコンペをしてきたから
目標の無い製作は苦にならない
描く事が楽しい、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

後悔先にたたず、

今日知らない看板の車がいて最近見る看板だから
どこの会社でどんな会社か聞いたら
栗原弁天堂が合併したとのこと
そうかでも僕にはめったに仕事は受けていなかったなと
思いながらついいらぬ話をしてしまった、
それは合併したらやめさせられたりする
政治に無関心だからこうなる
でも政治家はそうすることで自分たちを有利に
した、だから会社員は思うつぼなのであると
言ってしまった。
マー後悔後にたたず。彼は一目散にそこを去っていった。
また恨まれるかなと思いながら。
一人で仕事をしてお金もなく仕事もなく毎日どうしようと
思いながらなんとか生きてきた。
なにもかも自分でやらなければ鳴らない日々は続くが
これで寝たきりだとどうなるのかと心配は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ピカソ展を見て

きのうは
浦和の美術館でピカソを見たが
その前に久しぶりにコバルトさんによった
コバルトさんでピカソが良いというので
それでは
見に行くかなと思った。
またおしゃべりすると美術館から注意されるので
黙っていたら
携帯が2時になると鳴るので早速
注意された、
ピカソを見た後なので良かった、
コバルトさんはあなたうるさいから、おシャベルするんじゃないよ
といわれまたせっかく楽しい絵を見てもいつも気分が悪いので
えへへと
笑いながら画材を買って美術館に向かった。
今日も晴れているが
きのうも快晴
そんな今日は瀬戸からまた猫のコンペに出してとあるが
これって審査があるので
出す気にはならないが
また書類がきたからやってみるかと
思いながら
猫の好きな僕はまた猫の立体作りをしようと
している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

絵画は絵画で建築学の中にあるのではない。

中学生の時
女性の美術の先生に多くの美術の考えを習い
それがやはり絵の考え方に結びついた、
その先生から学んだことの一番影響を受けた事は
バウハウスであった。
昨日
六本木の国立美術館で中村一美さんの作品を見た時
バウハウスは芸術にたいして建築中心で芸術は排除した考え方
であることグロピウスは画家は職人であり
芸術は滅んだとした考え
だから
カンディンスキーは壁紙職人の先生であり
クレーもその一人であった。
画家は今もう生きる行く場を失いかけたと思うにあらず
生き生きと生き続けている。
画家は建築家の為ではなく
福祉の為に今いると思えてならない。
だがどうやって福祉に貢献出来るか?
それは未知だが
どうも建築の絵と言うのがあり
画家が建築家の手先のように思えてしかたがない
もちろん画家を手先として扱わないで
福祉の観点から見る
建築家もいるだろうが?
中村一美の作品を見ていると
構成抽象主義やストラクチャーアートミニマルアート
といった理論は建築や環境理論に近い絵画だが福祉や人の内面
そう言った物を捨てても捨てきれずにいる。
僕は思う。
絵画はやはり建築の世界から
離れ絵画は全ての世界へ戻るべきで
絵画は絵画でなければならないし
建築の手先ではないように思えて仕方が無い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

休みばかり

今日は一日家にいて寝てました、
お金もないのでさっき
初めて人と会い。
今日初めて会った人と言うと
コンビニのお姉さんは、笑ってました,
あと明日一日ですが?
開けて仕事があるかどうか?
連休前日の株価は70円位下がり
アメリカの株も下がったので
不気味です。
横浜での絵の販売も画廊の人は誘いますが
回りの環境は悪いですね、
あまり人とは話さずしたい気持ちと話せない気持ちはうまくいかず
先日先生がコリント人の話をして頂き
人はおしゃべりをセーブ出来ない、
だから
話すのは要注意と言われ
母親の助言と同時に,やはりキリスト教の奥深さを知りました 。
真面目にこつこつと絵を描く事こ努力が最高だと思います 。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

頭の良い人だけで世の中決めて欲しくない

頭の良い人達だけがいる社会ではない。
政治の事は解らない人が沢山いる。
大学でのエリート達とごく一部の人々に憲法を改正したらとんでもない事になる。
日本人らしさより一人一人が政治に参加し一人一人が思う日本の国家であった時
初めて憲法を改正するのであって、
沢山の人々が政治に参加しない日本人が何故憲法を改正出来るのか?
東大でや6大学やエリートが政治を動かすのではない。
早稲田大学の大隈のような時代がまた訪れれば少しは良いのかもしれないが,
このネット社会でどうして人々は無口で我慢するのだろう。
大学での連中だけがマスコミでおしゃべりし、
それも階層が決まり。
本当のその他大勢はする仕事がなく,そして
人からは僕は天才だと呼ばれる。
いやあなたもっと頭の良い人がいますよ。
高学歴者と低学歴者は階層ができ話す事も無い
程度の低い警察官がちまたを歩く昨今
少しは
人の嫌がる仕事でもやって見なさい。
高学歴の方々。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »