« 陸前高田の浜辺で三上寛が演奏するシーンを描き始める、 | トップページ | 鉛筆で描く »

2014年5月29日 (木)

midashinami

人はいろいろな所で自分の事を見ている。
自分もいろいろな所で人を見ているのだろう。
だが絵が好きだから他人とは違った所で何かを見ているのかもしれない。
髪の毛が伸びても誰も言わないが人は見ていて
ひげでも伸ばしていると
更に汚らしいとは思わなくても
感じるのだろうか?
身だしなみは大事と言うが、
ネクタイ締めて安物の背広を着るなら
どうかなと思う事もある。
子供の頃からデブだから
すぐシャツが出る。
そこいくと
優等生の女子はいつもきれいであった。
汚くてもビートルズのように過去は札付きの若者で
大変汚い存在だった。
でも思う。
やはり長髪に髭もじゃりんは汚い。
でも僕の若い頃は言われれば
逆らっていた。
今はきれいにしないとと思う。
それは
知らず知らずに他人を見て判断しているのだろう。

|

« 陸前高田の浜辺で三上寛が演奏するシーンを描き始める、 | トップページ | 鉛筆で描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: midashinami:

« 陸前高田の浜辺で三上寛が演奏するシーンを描き始める、 | トップページ | 鉛筆で描く »