« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月14日 (金)

褒めれば解決するだろうか?

横浜の展示を辞めようと思うのはきっと僕が
他の作家さんを褒めないからだと思う。
しかし褒めるばかりでは
その人の作品は伸びない。
けなすのではなく、
自分の思ったことは言わないとダメだと思う。
僕は嫌われても良い、
但し言う時は必ず褒める。
そして
気に入らない所は言う。
人は気がつくまで時間がかかるし
気がつかない人は永遠に気がつかない、
それでも、その人に伸びて欲しい。
そうすることが
無償の愛だと
僕は思う。
特に美術大学や芸大の人達には厳しい。
ホトンド間違った教育を受けていると
僕は思う。
だから
僕の習った科学なんて
間違いだらけだと思っている。
最も、科学なんて大嫌いだが
しかし、絵が好きだから、
科学も好きになれる。
そう思ってしまう自分は間違っているのだろうか?
もちろん妬みもあるし権威に対する思いもある
しかし、そう思って言ってしまう、
自分はどうしょうもない。
一番良いのは
同じような絵を描く連中と行動しないことだと思う。
避けるしかないと思う。
人を褒めるだけが嫌なら、避けるしかない!
そうすれば、
絵とは全く違う人と会って楽しいと思う。
妬みを持つ自分も嫌なら、
妬まれる自分も嫌だからだと
最近思うようになった。
相手がけなされている時
けなされたと思わなければ良いのだが
なかなかそういう人はいない。
僕はむしろ僕の絵をけなして欲しい。
そう思う。
絵が好きだからだと僕は思う。
いいね!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »