心と体

2011年10月16日 (日)

人を学校で分ける

家の近くに日本工業大学がありまた文化祭に遊びに行こうと思っている今日近くのミスドーで学生と会ったが最初は会話をしていたが自分の大学が聴いたことがないから日本工業大学も聴いたことないねと言ったら急に顔を変えて黙り込むまるでやくざがけんか売るみたいな態度で黙り込む僕もそうだったなと思いながらくだらないと思ったがそのくらいのことで黙りこくるなら今度の日本工業大学の文化祭に行ってみたいと僕は思った。人を学校で分けるようなことを真剣に考えてしまう人たちが僕の家の近くにいることがとても他人ごとではないと思えてならない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

男はすることが一つしかないけど

男はすることが一つしかないけど女は沢山あると言うことを男からも女からも聴くけどそうとは思わない人もいる。
それは考え方の相違かもしれない。男は仕事しかないでも男は仕事以外に何があるのか?僕は仕事らしい仕事をしたことはないが働いてはきた。自営だから人がいっしょうけんめい勤めているのに暇な一日を長年過ごして来たいつも仕事探しだ。でも対外の男は会社勤め企業戦士だけど僕は全然違うだから男としてはダメ男と思っている。でも今の男に仕事を取ったら何があるのだろうか?仕事って何か?そういつも思う。仕事が無い男は大抵パチンコかギャンブル女とか決まっている。そんな男がかわいそうと思っても男は自分が悲しいとは思わないのかもしれないそんな話を女の人に話した後この寒いのに道路に寝ている男がいてどうしたの?と聴くと酔ったのかふらふらと大丈夫大丈夫と言って去っていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

恩地孝四郎

2008年7月13日
恩地孝四郎は日本版画創作協会の創設に加わった版画家です。この人不思議な縁があります。今日も浦和のレノンさんに暑かったから部屋から飛び出し避難涼しいマスターが版画の売り絵本を見せてくれたその中に恩地幸四郎の絵があり有名な谷崎潤一郎の自画像それを摺ったのが関根準一郎と言うおこがましい版画そのことを話すと実はこの人の孫同級生なんです。またもマスターびっくり僕のあこがれのマドンナなんです小学校の初恋の人お誕生日に彼女の家に行きましたがお父さんは油絵を描いていてそのお父さんが考四郎画伯彼女トン女でして当時から太刀打ちできないと言うより違う世界の方でもいつも見ていました僕は高井戸と言うところに住んでいて彼女は荻窪なので電車は同じバスに乗り換えて荻窪へいつも窓にちょこっと座るそこから顔が見えてあの頃から美人20代に会わなくて良かった(笑)それから25年位後横浜美術館で恩地孝四郎の個展があり見に行きました残念ながらマドンナには会えないけどパンフレットには名前がありあらためて違う世界の人なんだなーーーと実感しましたでもぼくはその版画と巡り会い日々版画を創作しています。日本創作版画協会とは一人で彫り一人で摺ることを目的にして真のヨーロッパの絵画の思想である絵の独立写真ができたため絵は伝える媒体ではなくなってしまった故に絵とは何かと言う大きな課題を版画の中で表現しようとした協会です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

スポーツと僕の絵

Baseballjpeg1
野球の絵を描いて版画のモチーフのスケッチです版画にこの絵がでてきます。もともとマックで合成しながら絵を組み立てて行くためこのようなスケッチをしていきます。はがきの大きさなので100円で売ってます売れませんこれは一郎が好きなんで描いて見たもので野球は好きでないからと思っていましたがサッカーや野球を描きたくて描いてみたらわりと楽しいですねするより描くですね小学校のころ佐々木信也さんに野球を少しならって同級生が佐々木信也さんの娘だったから野球大好きでしたねでもスポーツは人間関係があっていやでお宅になりましたねでも純粋になることだとスポーツも絵もが芸術も変わらないナーーって思います。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

つながり

糖尿病です。目が悪くなります。昨日仕事先で糖尿病の人と話しましたそれが日大の芸術学部で映画を作っていた方で裕次郎さんの映画みたいです。日活ですねもう目が見えない人でした目が見えないと映画が作れないし私は絵描きなので創作出来ません私も手術をしてどうにか戻りましたが彼とは10年の差があるので何か他人とは思えず考え込んでいました。心は思っても出来ない辛さ表現したくてもできないでも少し出来るとその中でやろうとするから余計健康な人より創作してしまうんです。ドガとかモネとかそんな感じではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

版画を作る

Lovestreet1
30年版画を作り続けてきたこれは土台となるCGだこの版画があと少しで出来そうだだがブログにかまけて遅れているぼりぼりと彫刻刀で彫り続けるあてどもない仕事?だ。この土台から版の色分けや色の指定までなくてはならない設計図だ版画といっても僕のは版を重ね色を指定し彫りは細かい最近ビュランを手にしたデユ−ラーに深く系統している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)