旅行・地域

2012年8月19日 (日)

赤帽の問題、

赤帽で困るのは仕事があるかどうか全く解らないこと、ない時は1週間も2週間もないこれが悩みの種だ。
だが軽トラックだからあまり仕事をすると事故を起こす、しかし軽トラックでは何も積めないから仕事はないのは当然なのだ。仕事がなければ経営が出来ないそんな苦労を重ねてどうにか今まで仕事をしてきた。絵をお金にするのはもっと大変だ。
絵と運送屋が両方になってきたが両方とも儲からない。だからと言ってこの歳で就職もないから今のやり方をどう変えていくかはさっぱり解らないし辞めようがない。
赤帽の組織を辞めても車は残るから続けて行くしかないのだろう。父が先日渋沢栄一の話しをしていたが、どうすれば良いか解らない。
赤帽は高いお金がでるのは、長距離だがそれもガソリンの高騰で儲からない。
しかし未だに長距離をしたい赤帽がいるもともと軽自動車だから重い荷物で大阪なんかに行く性能はないから維持費もかかる長距離専門は難しい長距離が好きな赤帽は他の赤帽に距離が短いと、こんなのお金にならないと言う。そういう赤帽は何も言うことが出来ない。
会社だったら怒られるが自営の赤帽は何も言えない。
結局そんなことは言わずヤリナサイとも言えない
長距離ばかり欲しがりしまいには面倒な仕事はしなくなる。欲に目がくらみ仕事ではなくなる。しかし長距離は眠さとの戦いで長距離は軽自動車なので過労死とかになるここに軽自動車の仕事の難しい所がある。
かといって長距離だけ仕事する人ばかりに仕事を斡旋するのも困ったものだ。
長距離をする赤帽が皆そうではないが、
バブルの頃は沢山いて家を建てた人もいたが今は一年に何回か?長距離の仕事がでるだろう。
短い距離を毎日仕事をしないと経営出来ない。結局維持費や経費で経営を圧迫する。
長距離ばかりしたい赤帽が一緒に走ることとなりいい加減に怒った。長い間貯まっていた物が出た感じだ。
怒るととてつもなく怒り大丈夫ですか?状態になる。
でも、あれやらないこれやらない長距離しかやらないでは
もう長距離以外の仕事はこういう人には断ってもらいたい物だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

走水

今週の日曜日に行った横須賀美術館の近くの走水と言うところの市営の駐車場から
あかぼうの車が水平線と一緒に写っています。
赤白の車が一台他の乗用車と仲良く並んでいます。
水平線がきれいでした。

ここの近くにかねよ食堂と言うライブハウスがあって
帰り行きましたが。ただ飲んベイばかりであまり旨くない
音楽の演奏をしていてがっかりして帰ってきました。

でも海の家みたいで静かだと良いのにナーーー。
と思いました。

20090510142500002009051014230000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

古い問屋街

この前横浜に行ったときキムチ汁を食べたところの近くの市場にいっぱいこういう問屋さんがあって何か懐かしいのでゼンザブロニカで撮ったりしました。最近オールウエーズとか言う映画があったみたいでそんな面影があります。昔の中華街もこんな感じみたいだったらしいです。赤煉瓦なんかはのこりましたがこういうのは残らないと思います。近くはみんなマンションでだんだん縮小されていますね。  
Dsc_0116_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

版画.彫り完成

2008081212550000
近くの公民館で工作室を借りて版画の彫りの制作完成しました。(*^ω^*)ノ彡
それからおとなしく家で寝てました。
( ̄▽ ̄)
この前長野に行った姨捨の駅の写真が残っていたのでのせます。
この時は夏休みでこんなとこ人が来るの?って感じでしたがもう秋ですからもう何か懐かしいです。
このとき長野に池田満寿夫の美術館があるので行ってみたいなーーーなんて思ってパンフはあるけど
そのままです。池田満寿夫さんには会えなかったですが言うことがすごく好きでそこの美術館には足を伸ばしたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

サクラコカフェ久しぶりに行きました。

2008091216100000
板橋の桜子カフェを訪問sakulakocafe は以前アクセサリーを飾っていただいたお店です。美人の素敵なママさんが経営してます、ここの手作り小物が好くて買ってますがもろ女ものです。僕は女物を持つ男で財布はキティーだったり袋はミフィーだったりします。(v^ー゜)ヤッタネ!!
2008090711080000
2008090711090001
あたらしい人形また作りました。これを回転台にのせてぐるぐる回す計画です。ステージを作りたいと思っています。
これに演歌バージョンがあったらなどとまた考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)